緩衝液濾過

Cobetter-pyj.jpg

培養基は生物発酵と細胞培養などの生物製薬に広く適用されるものであり、主に天然細胞培養基、合成細胞培養基と無血清細胞培養基がある。一部の培養基は高圧滅菌でその有効成分が破壊されるため、濾過を通じて除菌、マイコプラズマ除去が必要である。異なる培養基の成分も異なる。タンパク質、糖類などの成分が多い培養基は、ろ過の流量とファイナル除菌カートリッジの寿命を保証するために、多段濾過の形がお勧め。

Cobetter-pyj01.jpg