サージカル スモーク フィルター

Ultra-low-Particulate-Air-Filter.jpg


ULPAフィルターは手術室から手術のスモークを除去するために設計されるフィルターです。 


手術用煙は視認性を低下させ、手術室の空気質に影響を与えます。外科手術に発生する煙のは95%の水と5%の下記のものからなっています。

 

・有毒化学物質 

・組織 

・血液微粒子 


サージカルスモークの中の有毒化学物質にはアセトアルデヒドやブタジエンなどの発がん物質を含有し、さらにアクリロニトリル、ベンゼン、ホルムアルデヒドなどの潜在的な発がん物質と他の化学品も含まれています。  


血液、組織、細菌、ウイルスなどの粒子状物質は、のどの痛み、目への刺激、呼吸感染症のリスクを高める可能性があります。 


外科手術の煙ははスタッフと患者の健康に影響を及ぼしてしまいます。 報告によると、手術中の煙にさらされた医療関係者は、皮膚の炎症、頭痛、咳、アレルギーなどの病気にかかりやすいです。  


医療関係者に対するサージカルスモークの長期的な影響はまだ不明のままですが、健康侵害を防ぐためにそのスモークにさらされるリスクを減らす必要があります。 手術用排煙システムは、視認性を高め、手術室内の臭いを減らします。 ULPAフィルターは、粒子を除去し、操作中に発生する特有の臭いを吸引するためのシステムの重要な部品です。 


サージカルスモークULPA吸着フィルターは、外科手術中に放出される可能性のある0.12μm以上の粒子への除去率は99.999%を超えていることは試験で検証済みです。  


Cobetter ULPA フィルターはプリーツ疎油性PTFEメンブレンを使用しており、0.12μmを超える浮遊粒子の除去効率は99.999%以上です。 その上、より長い寿命を得るために、活性炭と他のプレフィルターも内臓しております。


ULPA-2.jpg


Cobetterは、さまざまなサイズとコネクタを備えたハウジングを提供しており、さまざまな設備への接続問題を解決できます。 さらに、Cobetterは顧客の要求に基づき、寿命の異なるULPAフィルターを設計することができます。



特 性

• 優れたろ過効率:99.999%以上

• 臭いニオイを取り除く

• 高い雑質の保持力:プレろ過付きで、寿命長い:1時間、3時間、5時間、7時間.......

• さまざまなサイズとコネクタを備え:長さ:1インチ、2インチ、3インチ、5インチ、10インチ以上

• コネクター:段付きホースバーブ、ホースバーブ、サニタリーフランジ、NPT、JACO .....

• カスタマイズ可能

• ガンマ射線滅菌可能

 

 

品質基準

• 膜の疎油性レベルはAATCC118規格に沿う

• EN1822-1:2009




製品についてのご質問やご相談、カタログ請求などのご要望は、下記のメールアドレスにお問い合わせください sales@cobetterfilter.com