疎水性/親水性PVDFメンブレン

Hydrophilic / Hydrophobic PVDF Membrane.jpg

Cobetterポリビニリデンフルオライド膜は、ハイドロップフォビック(疎水)、ハイドロフィリック(親水)の2タイプがあります。高い空隙率と最適な多孔質構造をあいまって、親水タイプのPVDFメンブレンは他社の製品より流速が15%も高いです。

 

疎水性タイプのPVDF膜は、タンパク質ブロッティングアプリケーション(ウェスタンブロッティング/エリスポット)のトランスファーメンブレンとして応用される場合が圧倒的多いですが、そのほかに、バイオセンサーの運送媒介として使用されることがあります。その低いタンパク質吸着率のおかげで、再プローブまたは転写を行う際、タンパク質の損失はほとんどないです。CobetterのPVDF膜は最適化な多孔質構造を持ち、タンパク質をより容易に通過させます。PVDFメンブレンの蛍光ブロットのバックグラウンドが低く抑えているため、定量的で高感度の多重化されたアプリケーションで、SN比(信号と雑音の比率)が大幅に向上します。


非常に低いタンパク質結合特性を有する親水タイプのPVDF膜は、生物学医薬流体の清澄化および無菌ろ過に理想的なソリューションです。正電荷親水タイプの場合、優れたエンドトキシン除去効率を有し、96/120時間の輸液フィルターにも理想的です。



認証済み生物学的安全性 (ISO 10993/USP Class VI)

幅広い細孔分布

速い流速 & 長い寿命

ロットからロットへの品質安定性

多様なシーリング方法可能

超音波、熱溶接、機械プレス、RF溶接、インサート成形

多様な滅菌方法可能

オートクレーブ、エチレンオキシド、電子ビーム、ガンマ線照射



ポアサイズ (μm)

0.1 /  0.2 /  0.45 /  0.65 /  1.0 /  3.0



代表的なアプリケーション

 

  疎水タイプ:

- ウェスタンブロッティング
- ELISPOT

-イムノブロッティング

- タンパク質配列分析

- バイオセンサー


  親水タイプ :
- エンドトキシン吸着(正電荷)

- 低いタンパク質吸着ろ過

- 精密ろ過

- 溶媒滅菌ろ過

- 96 & 120 Hrs輸液フィルター


納品形態

ロール状,   シート状,   ディスク, 粘着タイプ,  カスタマイズ可能




製品についてのご質問やご相談、カタログ請求などのご要望は、

下記のメールアドレスにお問い合わせください  sales@cobetterfilter.com