輸液フィルターメンブレン

Infusion-filters-membrane.jpg


現代の輸液療法では、看護師の作業負担を軽減する同時に、輸液の安全性を高めるため、輸液ラインにエアーストップフィルター、エアーストップ機能が付いている輸液フィルターが求められています。 輸液フィルターはハウジング、薬液をろ過する親水メンブレンとエアーを通す疎水メンブレンからなっています。薬液ろ過メンブレンは通常ポアサイズμm /1.2μm /5μm のPESメンブレンです。最適な非対称構造で、生物学的安全性と非常に低い薬液吸着率で、優れた流速(他社より30%速い)と長い寿命などが試験で証明されます。


96/120時間寿命の輸液フィルターはPESより、親水PVDFのほうがお勧めです。


通気エアベントは0.02μm /0.1μm /0.2μm の疎水PTFEメンブレンです。エアーを排出すると同時に、バクテリアの侵入を防ぎます。様々なサポート材質がラインナップしていて、各種のハウジングに適合られ、高い耐水圧(>300kPa)をあいまって、薬液の漏れを徹底的に防止します。

 

脂質、アルコール系の薬液(化学的療法)の場合、表面張力がもっと低い、疎油性のPTFEが一段とふさわしいです。詳細につきましては、下記のリンクをクリックしてご参照ください。 撥油性PTFEメンブレン.


Cobetter輸液フィルターメンブレンのメリット:

薬液をろ過する親水PESメンブレン

  • ポアサイズ: 0.2μm / 1.2μm / 5μm

  • 非対称構造で、速い流速や長い寿命 

  • 非常に低い薬剤吸着率  

  • 生物学的安全性  


バクテリアなどの不純物を保持するエアベント疎水PTFEメンブレン  

  • ポアサイズ: 0.02μm / 0.1μm / 0.2μm

  • プライミング時間を最短に抑え、空気を迅速には排出  

  • 長時間疎水性、リーク防ぎ 

  • 各種のシーリング方法可能 

  • 脂質及びアルコール系などの薬液対応可能(疎油PTFE)





    製品についてのご質問やご相談、カタログ請求などのご要望は、

    下記のメールアドレスにお問い合わせください  sales@cobetterfilter.com