病院における、ユースポイント水用フィルター

POU-Tap-3级海报.jpg   6364538731835270366555654.png


 水生の微生物、細菌などによるバイオフィルム(生物膜)が病院の水系ではよくある現象です。これらのバイオフィルムは、通常、レジオネラ属種(legionella spp)、緑膿菌(pseudomonas aeruginosa)および大腸菌のような病原性の細菌を含みます。多くの医療機関および病院は、水管理プログラムを実施することによってバイオフィルムのリスクを軽減することに取り込んでいます。


温水条件下で繁殖しているレジオネラ・ニューモフィラは、中央貯槽(例えば水槽タンク)や周辺の出口を含む病院用水システムでよく検出されています。レジオネラは、潜在致死的な肺炎のようなレジオネラ症を引き起こす可能性があります。


緑膿菌(pseudomonas aeruginosa)は多剤耐性や抗菌薬に高い抵抗性を持つ病原体であり、病院での用水システムにはよく現れています。肺炎と敗血症の合併症、傷および皮膚感染症などの院内感染の原因菌として医学上重要視されています。


Cobetter POU水用フィルターは医療施設(病院、診療所)で、以上言及した水生の細菌を除去するためのフィルターです。2層の0.2μmのPESメンブレンと単層の非対称的なプレフィルトレーションからなっていて、長い寿命の代わりに、コストが低く抑えられます。規格ASTM F838に規定される方法によるバクテリアチャレンジ試験で、バクテリア保持率は>107/cm2 (除菌グレード)。さらにこのフィルターはより簡便にセット、交換できます。


高齢者および新生児のような免疫力の弱い患者が、医療機関で水による感染の場合が多いです。したがって、POUフィルターは効果的かつ経済的な病院の水処理方法であり、感染リスクを低減することができます。



代表的なアプリケーション
 ·  集中治療室(ICU)

 ·  手術室で手の洗い

 ·  骨髄移植

 ·  血液学/腫瘍学/移植/やけど

 ·  傷口のすすぎ

 ·  内視鏡再処理

 ·  出産プール

 ·  患者の入浴やシャワーエリア

 ·  キッチン(食べ物と飲み物を作る際の給水)

 ·  高齢者部門 





For technical data sheet or application inquiry, you are more than welcome to contact our sales representative by sales@cobetterfilter.com or leave a message