トランスファーメンブレン

Cobetter-トランスファーメンブレン.jpg

トランスファーメンブレンは蛋白質、核酸の移転と検査に広く採用される。正確で均一、安定なトランスファーメンブレンを選択することは最高な実験結果に密に繋がる。

Cobetter-WesternBlot.jpg

WBトランスファーメンブレン効果を影響する要素

トランスファーメンブレンの選択:蛋白への結合能力は転写効果を直接影響する。異なる蛋白分子量に合わせて、適切な孔径のトランスファーメンブレンを選択すれば、濾紙、トランスファーメンブレン、ジェルがピッタリ接触して、気泡がないことを確保する。

転写温度が低い、転写効果はより優れる。

転写時間:蛋白分子量が大きいくて、トランス時間が延びますが、過度転写に注意すべき。

転写電圧あるいは電流、トランスファーメンブレン缓冲液の配合成分、pH値なども転写効率を影響する。

おすすめの製品

Cobetter-zym02.jpg

おすすめの製品