液体中の粒子濾過(ファインケミカル)

Cobetter-Liquid-Filtration.jpg


  • HPPシリーズベーシック版カートリッジ HPPシリーズカートリッジは高精度と低コストを両立させた。アメリカ輸入のろ過メディアは高いブロック率を確保できる。高流速と大きい不純物収納量をもって、HPPシリーズカートリッジは最も経済的なものになった。 全般PP構造は広範な化学適合性を持って、殆どの酸、アリカル、溶剤のろ過に適する。
  • ACFシリーズ CobetterのACFシリーズ活性炭繊維カートリッジは新世代高効率かつ活性ある材料と環境保護の材料を採用し、残留塩素、有機物の臭い、微生物などに対して強い吸着能力を持つ。実験室の分析結果:CobetterのACF-16R-H10A(10〃)は残留塩素濃度2ppm、廃水濃度0.2ppmの自然水を35トン処理できる。ビールプロセス用水の消臭、 脱色すること、有機物のろ過に広く適用される。
  • PFSA2シリーズ超高汚染物収納量のPPカートリッジ CobetterのPFSA2シリーズカートリッジは深層濾過技術と積層材料を採用し、全てのカートリッジの汚染物収納空間と濾過面積を確保する。 PFSA2は外側から中心に向かって、先窄まる孔径を有する繊維の深層化技術により、汚染物収納力を大いに向上し、カートリッジ表面の迅速な目詰まり問題を改善し、カートリッジの孔径の先窄まる形状は粒子をレベルごとにブロックでき、使用寿命を大いに延長させた。 多層ナノー繊維を採用し、カートリッジの流通量が大きく、初期圧損が低い。 フォトレジスト、インク、粘着剤、発酵液等の浮遊物質粒子、コロイド、高粘度液体の濾過に最適。
  • AET/APTFシリーズ全フッ素構造カートリッジ AET/APTFシリーズカートリッジはPTFE膜で作られ、骨格、サポート層、Oリングは全部フッ素プラスチックを採用して、全フッ素構造は化学腐食物と高温原材料の濾過に適用し、ケミカルプロセスと電子産業に広く応用される。 APTF :オゾン溶解度9000ppm/hrの場合でも正常に使用できる。
  • GF/LGFPシリーズガラス繊維液体濾過カートリッジ SLPPシリーズフィルターは独特の固化技術を採用して、PP繊維と繊維にホットメルト固化技術をして、根本的に繊維脱落ないことを確保します。 10分以上の18MΩの純水で洗浄することを忍耐できて、繊維脱落の可能性を杜絶します。 SLPPシリーズは技術革新の産品です。高純インキ、溶剤、樹脂、ボンドなどは繊維脱落ないに厳しい要求に満足します。
  • SLPPシリーズ繊維脱落なしPPカートリッジ SLPPシリーズカートリッジは独特の固化技術を採用して、PPと繊維をホットメルト固化させて、繊維脱落を根絶させる。
  • シリーズPTFE膜カートリッジ LPFシリーズはPTFE膜で作ります。良い耐有機、無機ケミカル腐食性と自然の疎水性を持ち、強溶剤、強腐食液体、強酸化性液体の粒子とバクテリア濾過及び除菌濾過に適する。 LHPFシリーズは親水変性PTFE膜を採用して、あらかじめ湿らすことなく、直接濾過できる。 PTFE引っ張り膜は良い抗腐食、耐酸化、耐有機溶剤性能を持っていて、各種の腐食性液体を濾過できる。 化学試薬、高純度試薬、腐食性液体、強酸化性液体の粒子濾過とバクテリア濾過に適用する。
  • N66シリーズナイロンカートリッジ N66シリーズカートリッジは自然親水性のナイロン66濾過膜で作られたものであり、性質変更により正電荷化のN66濾過膜を使用して、濾過精度より小さい粒子、バクテリア、エンドトキシンなどを吸着できる。エンドトキシンの除去率は99.997%に達する。 優秀な化学適合性を持ち、各種の溶剤、化学物濾過に適用する。 DN66は2層膜であり、より高い効率を確保できて、梯形の精度配置で、より長い寿命を持たせる。
  • LPVシリーズPVDF膜カートリッジ LPVシリーズはPVDF膜で作られ、サポーターがあるPVDF膜で、カートリッジは良好な機械性能とPTFEに次ぐ耐腐食性能を持たせる。100%の完全性試験を経て、殆どの強溶剤、強腐食液体、強酸化性液体の粒子とバクテリア除去濾過に適する。 そのほか、PVDF膜の超低な蛋白吸着性能は生物製剤の濾過に最適。と同時にPVDFの超低い溶出率は電子超純水濾過が導電率に対する厳しい要求を満足する。 LHPVシリーズカートリッジは、変性PVDFろ過膜を採用したため、親水性を持ち、あらかじめ湿らすことなく、一部の極性溶液を直接濾過できる。
  • APPシリーズ高精度PP濾過カートリッジ APPシリーズカートリッジは二層の段階構造の高精度PP膜を採用し、高い汚染物収納量、長寿命、高効率特性を持つ。 内層はナノー繊維濾材を採用して、経過するコロイドなどの不純物を徹底的にブロックし、濾過効率を確保する。 高精度PP濾過カートリッジとして、二層濾過を通じてカートリッジの濾過効率を99.8%に達することができる。
  • ブロック率>99.9%のSHPXシリーズ 深層濾過技術と積層技術を採用し、カートリッジの汚染物収納量が高い。同時に、高い精度は99.9%のブロック率を実現し、絶対精度を持つ濾過カートリッジである。 外層はナノー繊維のPP膜を採用して、内層は多層の超細いナノーガラス繊維濾過膜を採用したため、粒子に対するブロック力が非常に高く、微小粒子をブロックする同時にロングライフ化も実現した。 独特の固化技術を採用して、ろ過膜表面の繊維と繊維を固定ホットメルトさせて、繊維脱落を根絶させる。 多層の超細ナノー繊維は、材料中の最も除去しにくいゲルあるいはエロイド類に対する除去力が超強い。 ハウジングはPPを採用し、濾材はガラス繊維材料を採用して、非常に優れた化学適合性を持つ。
  • MBF-PPシリーズPPメルトブロー濾過カートリッジ MBF-PPシリーズPPメルトブローカートリッジは最新のプロセスを採用し、非常に堅い機械性能があり、耐圧能力は普通のメルトブローカートリッジの2倍を超え、一部高粘度、高固形成分含有量の液体に適用する。 メルトブローのプロセスで、高い汚染物収納量を持ち、より多い不純物を収納てきる。 粒子材料例えば金属ペンキなどに対して優れたブロック効果があり、抵抗も低い。
  • MBF-NYシリーズナイロンメルトブロー濾過カートリッジ MBF-NYシリーズナイロンメルトブローカートリッジは独特のナノー繊維を採用し、メルトブロープロセスで作られた革新産品である。より大きな孔径のナイロンカートリッジはより広範な適応性がある。 さらにナイロンカートリッジの優れた化学適合性を持ち、ベンゼン、トルエン、キシレンなどの強溶剤材料に完全的に応用できる。 ナイロン繊維の特質は一部の乳化液の濾過に適用できる。
  • RMFシリーズ RMFシリーズカートリッジは連続したPP濾材をロールしてり、異なる段階のPP濾材で作られたものであり、普通のメルトブローカートリッジより高い効率をもち、超多いロール数はPP濾過面積を普通のメルトブローカートリッジよりはるかに大きくし、寿命も長い。
  • EPシリーズ二液型固化耐高圧濾過カートリッジ EPシリーズ二液型固化耐高圧濾過カートリッジは異なる融点をもつ2成分繊維で組み合わせられたものであり、独特の固化技術を採用して、繊維と繊維をホットメルトし固定させ、堅い鋼性マトリックス構造にする。
1